おすすめ記事

看護師を辞めたいと思ったら

こんにちは、ありぃです。

看護師続けるって、結構大変ですよね!

身も心も削ってボロボロになりながら、全くの他人に笑顔を向けるなんて、もう人間の域超えてたと今なら思います。

「看護師なんてもう辞めたい!」

私も何度も思いました。

今日は、看護師を辞めたいと思った時に考えてもらいたいことをお伝えしていきます。

看護師を辞めたい!

度重なる夜勤、職場の人間関係、人の命に関わる重責……。

たくさんのストレス要因が看護師にはあると思います。

私も病棟時代はずっと、「看護師辞めたい」「こんな病棟辞めてやる」とずっと言ってたし、職場の同僚からも同じような愚痴を聞かされてました。

でも、愚痴で解決することなんて一つもなかったです。

だからこそ、今一度ちゃんと考えてみましょう。

なにが今、あなたにとって負担ですか?

交代勤務制ですか?

命に近いことからくる緊張感ですか?

人間関係ですか?

全部だよ!!

ですよねー。

というか、看護師の多くはこの3つの問題に悩まされていると思います。

なんかもう全部イヤ!だから転職!!

行動するのはいいことだと思います。

けれど、何に対して自分が不満で、それをどう変えれば自分の幸せにつながるのか、そこがわかっていないと、転職は成功しないと私は思っています。

なので、一つ一つについて、まずは向き合ってみましょう!

交代勤務がもう嫌だ!

看護師の交代勤務って、多種多様ですよね。

二交代制、三交代制、そこに早出・遅出・単発準夜が入ってきたり、病院によっては勤務の間は必ず12時間空けなきゃいけないとか、なんか色々。

私は三交代制はやってませんが、学生時代に三交代の病棟に行き、普段はつらつとしてた看護師さんの顔色が悪すぎるのを見て、三交代は絶対に嫌だ、と心に決めて就職活動をしました。

就職先は完全二交代でしたが、看護師人員の不足と経費の削減で突然変則二交代に変えられて、体調をどんどん崩しました。

 

さて、皆さんは交代勤務の何が嫌ですか?

何が自分にとって負担になっていると感じますか?

休息時間の取れない三交代で日深勤務とか、変則二交代制で開始時間の異なる勤務がたくさんあるとか、色々あると思います。

意外と夜勤に順応してるなあ、という人は、私が見てきた限り、

〇寝つきがいい(仮眠時間に熟睡できる)
〇夜勤の時以外、起きる時間が毎日決まってる
〇運動してる

こんな感じだったと思います。

夜勤向いてないわ、と思うのは、この逆ですね。

私も元々夜更かししがちで寝つきが悪く、朝早く起きるのとか無理、と思ってました。

すぐに体内時計も狂う方。
夜勤明けは常に体が限界を迎えてましたが、なぜか寝れず、夕方くらいに寝て、夜中に目が覚めめて寝れなくなるとか……。

〇自分の勤務形態なら、この勤務はまだ楽だと思う。
〇この勤務の時は調子がいい
〇生活リズムを変えてみた時はちょっと良かった

こういった成功経験は、転職後の勤務形態を選ぶうえで重要になってくるので、ちゃんとはっきりさせておきましょう。

はっきりさせれば、転職後に勤務形態が辛くてもう辞めたい……と思う確率を減らすことができます。

命と近すぎて辛い!

看護師の仕事って多岐に渡りますが、色々な場面で命に関わってきますよね。

〇医療用麻薬や鎮静剤の投与
〇患者さんの転倒
〇急変

なんにもないなあ、と思ってるとナースコール鳴りやまなくなるとかもよくある話だと思います。

特に夜勤中は、ナースコール鳴ってるけど人がいないから出られない、ということも多くあるのではないでしょうか。

忙しすぎて安全が守れてる気がしない、というのもよく聞く話です。

認知症の患者さんが多すぎて手が回らない時も、病棟勤務時代ありました。

それから、看護師って「確認」がすごく多い仕事だと思うんですよ。

ダブルチェックとか、患者氏名の確認とか。

だから、「確認」しても、し足りない気がしてきちゃう。

それが積み重なると、どんどん辛くなってきて、強迫性障害のようになってしまうこともあります。

もし、命と近すぎることが不安であるなら、働く場所についてしっかり考えることが必要です。

病院の種類を考えたり、クリニックや美容系、もしくは産業保健分野での就職も考えてみてもいいかもしれないですね。

転職して病院で勤務しても、同じような業務内容だと辛くなる確率が上がっちゃいますからね。

人間関係がもう嫌だ!

このブログでもたびたび書いてきましたが、人間関係って心にも体にも負担が大きいものです。

私も過去、何度も悩まされてきました。

愚痴が蔓延している職場では、みんなが疑心暗鬼になっています。

自分が陰で嫌な噂を立てられてないかとか、あの人は私のことを悪く言ってたんじゃないか、とかで人間関係はどんどん悪化。

その中でも、うまくかわしてる人っていました。

でも、大多数の人は自分がターゲットにならないように必死で、気づいたら愚痴ってる、なんてこともあるんじゃないでしょうか。

自分が病棟の人の信頼を得ようと、愚痴を多く言ってないか、思い返してください。

 

人間は、群れで生きる生き物です。
価値観の共有がとても大切だと、無意識で思っています。

病棟の看護師という群れの中で、自分が周りと同じような人間だと示さなければならないような気がして、気づけば愚痴を言いすぎてることもあります。

私が実際そうでした。

でも、それって逆に信用を落とす行為だと思うんですよね。

それに、「○○ってこうだよねー」だけを言うだけなら何も解決にならなくて、「○○はこうだよね、だからこうしていきたいよね」まで言える建設的な話し合いができれば、雰囲気は変わっていくのかなって思います。

 

人間関係が辛い人で、病棟での仕事にもやりがいを感じない方には移動か転職を強くお勧めします。

特に、長く働いている方

その人のために辞めるのは悔しい。
逃げになるんじゃないか。
今まで何とかなったから頑張れる。

そんなこと、ありません。

その職場でやりたいことがある、もしくはやっていてどうしても続けたいのではない限り、戦略的撤退をお勧めします。

 

転職の際にも可能な限り転職予定の病院、病棟の評判を集めてください。

内部の事情を知ってる人がいればベストですが、そうでないなら転職会社を利用してもいいと思います。

転職会社によっては、過去の転職者から情報収集をして病棟毎のデータを持ってるところもあります

情報をもらうために登録するのはありだと思っています。

転職会社利用について

転職会社のコンサルタントによっては転職を急かしたり、こちらの言い分を全く聞いていないところもあるので、そういう所は早々に切って良いと思います。

転職会社には、転職者の年収のおよそ2割程度が入るそうです。

看護師の年収が約500万円だとしたら、100万円を転職会社が仲介斡旋料としてもらう形です。

それほどの価値ある情報を提供してくれてるか、考えて使ってください。

転職会社にうまく利用されないように。

利用し倒すくらいの気持ちで良いと思います。

おわりに

「ここまで頑張ってこれたから、これからも多分大丈夫」

「なにがやりたいかわからないから、辞めたいけど辞められない」

「また最初から人間関係作るのがしんどい」

こんな風に思ってる看護師がとても多いです。

 

同じ境遇で未来が大丈夫だなんて、本当に言えますか?

おかしい、変だ、と思いながらその場所に頑張って適応しているだけじゃないですか?

日々の勤務に余裕がなく、何がやりたいかを考える暇もないような状況ではありませんか?

人生の目標、持ててますか?

慣れた今でさえ辛い人間関係を、ずっとそのまま続けていくつもりですか?

 

私の本音としては、今いる場所で頑張る人の背中を押したいと思っています。

ですが、思い切って逃げることも大切だと同時に思っています。

自分が何が辛いのか知ることは、自分自身と向き合うことでもあります。

しっかりと向き合うことで、本当にやりたいことが見えてくるかもしれませんし、逃げる方向性が定まるかもしれません。

本当に疲れてしまっているなら「休息」を目的に休んでもいいと思います。

 

看護師は、転職がしやすい職業です。

復活してからまた頑張ればいいんです。

特に急性期看護師は「急性期が一番」という思いがちで、一度辞めると転職先が減る気がして心配で辞めれない、という人もいると思います。

ですが、我慢しすぎて心身ともに壊れてしまったら、もう看護師自体できないかもしれません

私は一生急性期で働いていくと思っていた時期もありました。

でも、私はもう病棟で働きたいと思えません。
心が拒否してしまっているのです。

これってすごく悲しいことですよね。

 

こうならないためにも、皆さんにはちゃんと健全な心身のまま次のステップに進んでほしいと、心から願っています。